表銀座縦走 Part1 北アルプス2004年7月18〜20日2泊3日
中房温泉〜燕岳〜大天井岳〜常念岳〜ヒエ平

裏銀座の次は表銀座!北アルプスのメジャールートに乗り込んだ!
行程
1日目●自宅〜中房温泉〜燕岳
2日目●燕岳〜大天井岳〜常念小屋テント場
3日目●テント場〜常念岳〜ヒエ平
                         
行動時間
1日目●6時間
2日目●6時間
3日目●5時間

[表銀座縦走 Part2へ]

[山行LISTへ]
■1日目 自宅〜中房温泉〜燕岳

海の日の連休を家族で表銀座を歩く事になった。前回の八経ヶ岳に味をしめたビスタ〜リだけがテント泊での山行だ。ところが梅雨明けしたはずなのに、大雨で各地に被害が出ている。連休とくっつけて振替休日を取得していたので、予定を1日ずらすことにした。

母親が山で食べるためにつくってくれたおにぎりを自宅で食べたが、これが悪かったのか。出発数時間前に腹痛と下痢に苦しむ。いつも山に持って行く常備薬の中に正露丸があるのだが、ず〜っと未開封のままだった。まさか登山の前に飲むはめになるなんて。なんとか治まってきたので22時頃、自宅を車で出発。

SAで、そして深夜2時の穂高駅でもトイレに駆け込み、なんとか落ち着いた。ちょうど1台タクシーがやって来たので、4時出発で予約をとり、それまで駅前のタクシー会社の駐車場で仮眠をとることにした。1時間後、近くの駐車場に案内されてタクシーに乗り換え、中房温泉に出発。

タクシーのオジサンに聞くと、前日の連休初日は登山者を乗せて駅から中房温泉まで2往復したとのこと。さすがアルプス銀座、悪天でも突撃する登山者が多い。狭い燕山荘のテント場はたちまちテントであふれ、泣く泣く小屋に泊まった、という情報をネットで発見した。テント場をゲットするために、山小屋泊まりの家族も巻き込んで、ひと足早く5時に登山口をスタートする作戦だ。

5時に中房温泉到着。小雨の中、朝食を食べて5時25分出発。「3大急登って言われている割にはたいしたことないやん」大口を叩いている母親。そのうしろを歩くビスタ〜リは、イマイチお腹に力が入らずエンジンがかからない。

第一ベンチで少し下って水を汲みに行く。荷上げ用のケーブルが見えたと思ったら第二ベンチ到着。こんなに人工物が多い北アの山は初めてだ。段々体が暖まってきて調子が出てきた。順調に8時半に合戦小屋に到着。一切れ800円もする名物のすいかを食べる。別に欲しい訳ではなかったが、母親が食べたいというので付き合った。

どんどん低木が多くなっていき頭の上がひらけてきた。合戦沢の頭に着く頃は「たいしたことない合戦尾根」に苦しめられている母親のペースが明らかに落ちた。口は災いのもとだ。常念岳や槍ヶ岳は残念ながら雲の中。しかし、目指す先には燕山荘が見えた。白い雲をバックにダケカンバと奇岩の稜線の中に佇む、赤い屋根の山小屋。まんま「アルプスの少女ハイジ」の世界やん。高山植物が咲き乱れる中ウキウキと歩く。

9時40分に燕山荘に到着。山荘前は下山する人、大天井方面に向かう人で混雑していた。我々はここで行動停止だ。ひと休みして昼から燕岳に行く約束をして、テント場に急行した。やったね!よりどりみどりのテント場で一番高い場所をキープ。雨が降ってもここなら水も溜まらないだろう。

生ビールを飲みに山荘のレストランへ。ムムッ、ハイビジョンテレビがある!レストランのメニューも豊富だ。部屋を偵察に行ったら、そこは至ってフツーで他の山小屋と変わりなかった。生ビールだけだとお腹が冷えそうなのでおでんもオーダー。最高っす。

燕岳に行くために稜線上の登山道に出た途端強風が。山頂はガスで見えたり見えなかったりを繰り返していた。目を凝らすと、コマクサが砂礫の登山道から離れた斜面に群生していた。ロープが張っていて立入禁止になっていた。ロープの無い所でオジサンが、斜面を降りて腹這いでコマクサを写真を撮っていた。イイ歳をして善悪の区別がつかないのかね?奇岩を通り抜けて頂上到着。風が体温を奪うのでじっとしていられない。さっさと戻る。

テント場に戻ってもまだ13時。やることがないので缶ビールと持参のおつまみでまったり過ごした。この状況がたまらん。午後から続々とテントが設営され結局満員御礼に。トイレの横やわずかな隙間に設営している人もいる。

一段下がった所で、男性2人が一つのテントを使っている。しかもそのテント、ビスタ〜リの1人用のと同型だ。さすがにザックはビニール袋に入れて外に出していたが、男性2人が寝転ぶと密着状態じゃなかろーか?別のオジサングル−プは、豪華な夕食で(この目で見た訳ではない。会話からメニューを推測。)盛り上がっていた。しかし、夕食が終わったとたん、まだ18時なのに全員一斉に就寝、すぐイビキが聞こえてきた。あっぱれなオジサングル−プだ。人間観察にも飽きたのでこちらも寝る事にした。19時。

2日目は[表銀座縦走Part2]に続く!


天空の巨大山小屋

テントの中から燕岳

風雨に耐えていたコマクサ

●HOME● ●山行LIST●