立山〜新穂高 Part2 北アルプス2004年8月7〜12日車中泊6泊7日
室堂〜五色ヶ原〜薬師岳〜高天原〜雲ノ平〜三俣蓮華岳〜双六岳〜新穂高温泉

6日間のロングトレイルをゆく!連日快晴で今年の運を使い果たす!
行程
1日目●自宅〜室堂
2日目●室堂〜雄山〜五色ヶ原
3日目●五色ヶ原〜スゴ乗越
4日目●スゴ乗越〜薬師岳〜薬師沢小屋
5日目●薬師沢小屋〜高天原山荘
6日目●高天原山荘〜雲ノ平〜三俣山荘
7日目●三俣山荘〜双六岳〜新穂高温泉
                         
行動時間
2日目●6時間30分
3日目●7時間
4日目●9時間15分
5日目●5時間
6日目●7時間30分
7日目●8時間

[立山〜新穂高温泉 縦走 Part1へ]

[立山〜新穂高温泉 縦走 Part3へ]

[立山〜新穂高温泉 縦走 Part4へ]

[山行LISTへ]
■3日目 五色ヶ原〜スゴ乗越

朝から快晴!高揚した気分で、テント場を5時30分出発、五色ヶ原山荘まで木道を歩く。小屋前には昨日人数を聞いてきた小屋番さんがいた。「結局あの後何人来たんですか?」と尋ねたら「80人ですよ。なんとか全員泊れましたよ。さっき、みなさん一斉に出発しましたよ」なんと!今日は100人足らずと前後しなければならないのか。朝から少しうんざりした。

早速、何人かを追い抜いて鳶山に6時35分到着。ドドーン!!と薬師岳がそびえていた。360度パノラマの展望が、これからの縦走に期待を抱かせる。そこから急降下して越中沢乗越から緩やかに越中沢岳に登り返す。山頂付近でハクサンイチゲが咲いていた。

越中沢岳に8時30分到着。数人がくつろいでいた。しばらくすると、誰かが「あ、きたきた。出発しよう。追いつかれたら大変だ(苦笑)」と言った。みると、団体が到着しようとしていた。今まで休憩していた人達が一斉に出発する。まるで鬼ごっこだ。鬼はもちろん中高年団体。鬼さんに頂上を占拠されたところでビスタ〜リも出発。

せっかく稼いだ標高をまたしても急降下。ガレた道の浮石に注意して鎖場も慎重に通過。登り返してスゴの頭に10時10分到着。事前に調べていた通りアップダウンが激しすぎ。しかし、ここまでくれば眼下に見える、スゴ乗越テント場まであと一息だ。大きな岩をよじ登って、スゴの頭のてっぺんまで行ってみた。どんどん気温が上昇して薬師岳はすっかりガスの中だ。ここで携帯で自宅に連絡を入れておいた。何度かかけてやっと繋がった。30分後にスゴ乗越に向けて急降下。

スゴ乗越に到着したとたんバテ始める。きっとシャリバテだからと、行動食を食べても元気がでない。樹林の中の蒸し暑い急登をヨタヨタと登る。しばらく歩いて立ち止まるといった有り様だ。やっと12時30分にテント場に到着。後で思い返すと、6日間通してここが一番しんどかった。ザックを放り出して座り込んでしまった。情けなや。

カップラーメン食べてテントで気持ちよく昼寝していたら、隣のオジサンオバサン4人組が五月蝿い。「あそこのテン場は若いのが多いから騒がしくてイヤ!」「わたしはもっと歩き応えのあるコースに行きたいわけ。あの人は低山ばっかり!面白くない!!」「@$£#¥ゞ…!!」しかし、4人組は18時に早々と就寝。テント場全体に安堵の空気が流れた。

鳶山から五色ヶ原を振り返る

越中沢岳へのアップダウン

間山の途中で日の出を見る


■4日目 スゴ乗越〜薬師岳〜薬師沢小屋

昨夜は筋肉痛があり不安だったが、起きてみるとすこぶる体調はいい。ガスがたちこめる中、5時に出発。 途中で日の出を見ながら間山に6時10分到着。相変わらずガスでまったく展望がなかった。歩きやすい登山道がしばらく続き、やがて岩陵地帯を登り、北薬師岳まで見渡せる稜線に出た。前方に見覚えのある団体が北薬師岳へと続く岩場を歩いていた。小屋を相当早く出発したに違いない。なかなかやるな。

7時50分、北薬師岳で休憩中の団体に追いついた。狭い山頂は占拠されていたのでそのまま通過、薬師岳への痩せた尾根を慎重に歩く。東側のカール下部はガスで展望は無いが、西側はすっきり晴れていて、緑の中に佇む太郎平小屋の赤い屋根や、有峰湖まで見渡せた。左右が切れ落ちた場所で数人とすれ違いがあったりと、気が抜けなかった。やがて祠のある薬師岳に8時50分到着。

薬師岳山頂でも展望はすこぶるいい。雲ノ平がのんびりと横たわっている。そして昨年、憧れを抱いて薬師岳を見ていた黒部五郎岳…。薬師峠までは広々とした開放的な登山道が続く。晴れている日は最高だが、悪天候になると迷いやすいので要注意だ。薬師沢沿いは樹林の中の歩きにくい道。薬師峠のテント場を通過、木道を登って、11時20分太郎平小屋に到着。

ここでカップラーメンで昼食。行動食にクッキーとポテトチップスを買っておいた。体調は絶好調だ。このまま前進することにした。携帯で自宅に電話すると誰も出ない。ここで、今後の予定を連絡する予定だったのに。これから向かう薬師沢や高天原では連絡手段がないのだ。まあ、登山計画書を自宅に送っているので大丈夫か。再び12時15分に出発。

しばらく下るとやがて薬師沢に出合う。この辺で沢装備の登山者とすれちがうようになった。そして平坦な木道をのんびりと休憩をはさみながら進み、14時15分薬師沢小屋に到着。久しぶりの小屋泊まりだ。

明らかに傾いている薬師沢小屋はこじんまりとしていて素朴な感じだ。山屋、沢屋、釣師で賑わっていた。2階に行くと寝室は蚕棚になっている。河原に出てテントを干し、3日間汗で熟成された頭を沢の水で洗った。ああ、さっぱりすっきり。さすがにまだ女を捨て切れていないので、体は洗えない。明日の温泉まで我慢。ビール飲んでまったりしていると大粒の雨が。夕立ちで1時間程で止んだがテントは乾かなかった。久しぶりに布団で寝たが、テントの方が寝心地がいいと感じたのは、かすかに漂ってくるトイレ臭のせいだろうか。

5日目は[立山〜新穂高温泉 縦走 Part3]に続く!


北薬師岳への岩陵

太郎小屋が見えたぞ!

太郎平への気持ちのいい道

●HOME● ●山行LIST●