立山〜新穂高 Part4 北アルプス2004年8月7〜12日車中泊6泊7日
室堂〜五色ヶ原〜薬師岳〜高天原〜雲ノ平〜三俣蓮華岳〜双六岳〜新穂高温泉

6日間のロングトレイルをゆく!連日快晴で今年の運を使い果たす!
行程
1日目●自宅〜室堂
2日目●室堂〜雄山〜五色ヶ原
3日目●五色ヶ原〜スゴ乗越
4日目●スゴ乗越〜薬師岳〜薬師沢小屋
5日目●薬師沢小屋〜高天原山荘
6日目●高天原山荘〜雲ノ平〜三俣山荘
7日目●三俣山荘〜双六岳〜新穂高温泉
                         
行動時間
2日目●6時間30分
3日目●7時間
4日目●9時間15分
5日目●5時間
6日目●7時間30分
7日目●8時間

[立山〜新穂高温泉 縦走 Part1へ]

[立山〜新穂高温泉 縦走 Part2へ]

[立山〜新穂高温泉 縦走 Part3へ]

[山行LISTへ]
■7日目 三俣山荘〜三俣蓮華岳〜双六岳〜新穂高温泉

最終日も晴天!しかも今朝はテントが結露していない。5時30分テント場を出発。

テント場を登りきってそのまま三俣蓮華岳へ6時30分到着。2003年に来た時は、双六山荘までは巻き道コースを選択したが、今回はもちろん稜線コース。槍ヶ岳を真正面に見据えながら進んで行く。アップダウンを繰り返し双六岳に7時30分到着。双六岳の丸い稜線に槍ヶ岳、雑誌で見た写真が目の前にあった。急坂を下り、双六小屋に8時20分到着。ゼリー飲料でエネルギー補給後、再出発。

弓折岳の稜線はガスに包まれた2003年とは月とスッポン、槍ヶ岳のスーパービューだ。西鎌尾根をしたがえた山肌は、くっきりと幾筋も毛細血管が浮き上がっている。小池新道の分岐を休まずに通過、ドンドン下って鏡平山荘に到着。

小屋前のベンチでは、みんな暑いので名物のかき氷を食べていた。ラーメンを頼んで食べていると、近くに座っていた男の子が「なんでかき氷じゃなくてラーメンなの?」と親に聞いていた。『鏡平山荘=かき氷』が子どもにまで浸透しているなんて!

どんどん登山者が登ってきた。盆休みを利用して来た人達だろう。あまりにも暑いのでバテている人続出だ。沢でも虚ろな目の人が休んでいた。河原を通り過ぎて林道をしばらく歩き、12時5分わさび平小屋に到着。多くの人で賑わっていた。ここで30分ほど休憩。それから林道を飛ばして13時30分、新穂高温泉に無事帰還!!

6日間、何ごともなく無事に歩き通せたことに大満足!また、雨具を着なかったのが凄い(夜に寒くて着たけど)。天に感謝!
写真
鷲羽岳から山荘と三俣蓮華岳
写真
双六岳山頂はまるい稜線
写真
鏡池・逆さ槍は見えるかな

●HOME● ●山行LIST●