綿向山 鈴鹿山系2005年1月29日日帰り

暖かくお目当ての霧氷は見れず…。のんびりスノーハイキング
行動時間
日帰り●5時間20分

[山行LISTへ]
■日帰り 西明寺口〜山頂〜西明寺口

綿向山は山頂付近にブナの原生林があり、冬は霧氷が素晴らしいという。しかし、当日は気温が上がるというので、あまり期待せずに車で出発。

西明寺口バス停を過ぎて、少し入った場所にある駐車場に8時30分到着。身支度をして8時40分出発。砂防堰堤の脇にある階段を上がって林道を少し歩くと、ヒミズ谷出合小屋に到着。ここで登山届けを投函。後から到着した登山者曰く「今日は暖かいし、霧氷は無理やな」。林道では積もった雪が凍結していたので、アイゼンを付けた。

鉄製の橋を渡って、杉林の中の単調なジグザグ道を登って行く。汗をかかないようにゆっくり歩いていると、どんどん人に抜かされる。霧氷目当てに来ているのだろうか、人が多い。三合目で林道に飛び出してすぐまた山道に入ると、三合目小屋だ。ここで10時40分。かなりゆっくりペースだ。


ヒミズ谷出合小屋

単調な登山道を黙々と

3軒めの五合目小屋

しばらく杉林の中を登ると、五合目小屋に到着。ここは展望がよく、冠雪している比良山の稜線がぼんやりと見ることができた。五合目小屋は入り口に鐘があって凝った造りになっている。中も、木製のテーブルがあって、くつろぐことができそう。ここからは道が細くなり、雪も多くなる。うっかりすると足を踏み抜く。ブナが増えてきた頃に、行者コバに到着。まったく霧氷はなし!黒い幹をうらめしく見上げる。

行者コバから先は、夏道と尾根直登ルートの2つに分かれる。夏道は積雪していると危険なトラバース道があるようなので、当然、直登ルートに進む。ブナのトンネルの急登を休み休み登っていると、途中で抜いて行った何人かが早くも下山してきた。山頂は風が強くて寒いので、休まずにすぐ降りてきたらしい。山頂に11時20分到着。


ブナ林の急登をがんばる

山頂の大きなケルン

この通り何にも見えませ〜ん

ガスっていてまったく展望は無し。霧氷も無し。山座同定盤を見てみると、北アルプスまで見えるらしい。ひょっとして、昨年の夏の北アの縦走はピーカンだったので、鈴鹿山脈が見えていたかもしれない。目の前の槍やなんかに圧倒されて鈴鹿まで気が回らなかったが。

風を避けて祠の横で休む。お腹がすいたのでここで昼食をとることにした。12時に下山開始。同じ道を引き返すだけだ。5合目でどんどん天気が良くなってきて、市内や三上山まで見えた。三合目小屋でコーヒーを飲んでゆっくり休み、杉林を下る。気温がどんどん上がってきて、雪が解けて道がぐちゃぐちゃ。途中でアイゼンを外した。14時に駐車場到着。車でしばらく走った所で再び綿向山を振り返ると、山頂まですっきり晴れて見えた。

家族で行くと天気の変化のパターンが、今回も、登りから山頂は悪天候、下りで晴天のパターンになってしまった。


下りは速いぞ

5合目小屋からの展望

今頃晴れたって…

●HOME● ●山行LIST●