甲斐駒ヶ岳 Part2 南アルプス2005年7月16〜18日車中泊3泊4日

NGワードは「しんどい」「疲れた」!黒戸尾根でとことん甲斐駒を味わう
行程
1日目●自宅〜
2日目●竹宇駒ヶ岳神社〜七丈小屋テント場
3日目●七丈小屋テント場〜甲斐駒ヶ岳〜北沢峠
4日目●北沢峠〜仙丈ヶ岳〜北沢峠
                         
行動時間
2日目●6時間5分
3日目●5時間40分
4日目●6時間35分

[甲斐駒ヶ岳 仙丈ヶ岳 Part1へ]

[甲斐駒ヶ岳 仙丈ヶ岳 Part3へ]

[山行LISTへ]
■3日目 七丈小屋テント場〜甲斐駒ヶ岳〜仙水峠〜北沢峠

テント泊の朝は早い。3時になるとゴソゴソと周りが起き出す。今日の行程は北沢峠のテント場までなので、そんなに急ぐ必要はない。しかし、やはり気が急いてしまい4時には起きた。テントから出るとほとんどの人が出発していた。テントを撤収してパッキングを終えて、まだテント場に残っていたおじさんと話をした。そのおじさん、すごい荷物だと思っていたら、南アルプス全山縦走するらしい。なんと67歳。おじさんとお別れをして、5時15分テント場出発。

朝から急登で嫌でも目が覚めた 八合目御来迎場より山頂を見る

梯子、岩場といかにもアルプスらしい急登で今日ははじまる。まだ起きていない体を無理矢理動かして、6時に八合目御来迎場に到着。どんどん甲斐駒ヶ岳本峰が迫ってきた。北沢峠側から見る姿より、岩肌が緑に覆われていて、穏やかそうに見えるのだが・・・。

昨日同じ時間に登山口を出発した女性2人組が休憩をしていた。彼女たちは早川尾根の小屋まで縦走し、明後日は広河原に下山予定だという。そこまで縦走するのも大変だが、広河原からまた竹宇に車をとりに戻るというのも大変だ。


フィールドアスレチックを思い出してしまう
右上から垂れ下がる鎖に体重を預けた

いったん、標高を下げてまた登り。3点支持で登る場面が増えてきた。岩場に咲く可憐な高山植物に励まされる。垂直の岩もあるがちゃんと足場が掘られていて問題なく通過。ただし一箇所、思いっきり鎖にぶら下がり、腕力でよじ登って冷や汗をかかされた岩場があった。

大きな岩で一歩一歩が大きい 赤石沢奥壁がどんどん迫ってくる
岩場に咲く花にホッと一息 八ヶ岳が見えてきたー!

難所を通過し、ハイマツ帯をさらに登るとようやく山頂の祠が遠くに見えた。あともう少しだから!と力をふりしぼり、駒ヶ岳神社本宮の祠に到着。そこからまた少しだけ下って、最後に少し登って山頂に7時17分到着。やっと山頂に立てた!感無量、ただそれだけだ。

歩いてきた黒戸尾根を見下ろす 山頂直下、もうすぐ!がんばれ!

北アルプスから見るよりも圧倒的な存在感がある富士山。北岳を中心に広がる幾筋もの深い緑の尾根が素晴らしい。さっきまで雲隠れしていた八ヶ岳も姿を出していた。おっと、女王様にもご挨拶。黒戸尾根を登っている最中、ずーっと今回は仙丈ヶ岳はパスして、甲斐駒だけにしておこうかと悩んでいた。しかし、こうして見ていると女王様を無視するわけにはいかない。決めた、明日は仙丈ヶ岳だ。

早川尾根をはさんで北岳を見る 下るのはすぐ!ほらもうこんな所まで

強風で寒くなり、7時50分下山。滑りやすい砂礫の道を風に煽られながら下る。分岐を摩利支天はパスして駒津峰への道をとる。ここから続々と登山者とすれ違うことになる。それにしても団体ツアーが多い。上り優先といえど、こちらは一人。岩場での団体通過の待ち時間が長くてイライラ。あと、子どもが多くて驚いた。小さな歩幅で岩場をひょいひょい歩いていくのには感心した。お母さんにおんぶされている子どももいる。お母さん、大変だな。

駒津峰までの稜線。バックは中央アルプス 狭い岩場で渋滞中!

せまい岩場のアップダウンと、途切れない登山者とのすれ違いにストレスを感じながら、駒津峰に8時55分到着。いかにも登山は初体験の大学生ぐらいの男の子たちがはしゃいでいた。あのね、おねーさん黒戸尾根からやってきたの、といってもきっとハァ?って返されるんだろうなと妄想しながら、ゆっくりと休憩。こっちにいる男の子はジーパンにスニーカーだよ・・・。これで、午後から雷雨が襲来したら甲斐駒は地獄絵巻だろうな。

駒津峰までアップダウンが結構あります 仙水峠までくると蒸し暑くなってくる

マンウォッチングを終えて、仙水峠に向けて下る。樹林帯になりあきらかに蒸し暑くなる。9時50分仙水峠に到着。独特の黒い岩がゴロゴロしている景色になる。傾斜は緩やかだが、疲れがたまってきているので早くテント場に着きたい一心で下る。

こじんまりとした仙水小屋のテント場 ふう、やっと到着。ビールの自販機に釘付け

やがて沢沿いの道を歩くようになり、仙水小屋を通り過ぎる。沢で頭を洗おうと思ったが、テント場に到着するまで、まだ汗をかきそうだったので我慢。いくつかの堰堤を過ぎて、10時55分北沢長衛小屋に到着。まだ午前中だが、もう歩く気がしない。早くテントでビール飲んでゴロゴロしたい。

家主がいないテント場はテントの展示場のよう。沢沿いの空スペースを見つけて設営。昨日七丈小屋で、箸を持ってくるのを忘れたので、割り箸を頂いたお礼にビールを購入していたのだ。飲まずに担いできた黒ヱビスを沢で冷やす♪結局夕食までもう1本ビールを飲んで午後からはゴロゴロして疲労回復につとめた。

これだけテントがあると壮観です いやっほぅ!黒ヱビスを冷やす


3日目は[甲斐駒ヶ岳 仙丈ヶ岳 Part3]に続く!


●HOME● ●山行LIST●