木曽駒ヶ岳 空木岳 Part3 中央アルプス2005年9月17〜19日2泊3日

中央アルプス初見参!最高の縦走日和
行程
1日目●自宅〜RW〜木曽駒ヶ岳〜テント場
2日目●テント場〜宝剣岳〜空木岳〜空木岳避難小屋
3日目●空木岳避難小屋〜池山尾根〜バス停
                         
行動時間
1日目●2時間30分
2日目●10時間
3日目●4時間

[木曽駒ヶ岳 空木岳 Part1へ]

[木曽駒ヶ岳 空木岳 Part2へ]

[山行LISTへ]
■3日目 空木岳避難小屋〜池山尾根〜こまくさの湯バス停

本日は、名古屋から新快速を乗り継いで帰るつもりなので、またしても長い列車旅。早めに出発することにした。暗い中避難小屋を出て、小屋前で月明かりに照らされて朝食。あまり食べた気がしない。東の空がオレンジ色に染まった5時15分に出発。

南アルプスの空がオレンジ色に 木々の間から木曽駒ヶ岳の稜線がちらちらと

朝日に照らされた空木岳や南アルプスを見ながら歩いていたが、尾根コースの分岐からは樹林に阻まれて景色を見ることができなかった。ヨナ沢の頭までは少々歩きづらい所があったが、ここからは岩場や梯子などがあるが、非常に整備されていて歩きやすい。小地獄や大地獄の岩場を過ぎると、登ってきた方数人とすれ違うようになった。

鎖・梯子・橋で整備されています 小・大地獄ではしばらく岩場が続きます

途中、深緑が美しい遊歩道コースを選び、なだらかに下っていき、池山小屋の水場に7時30分到着。ここから道幅が広がりさらに歩きやすくなる。タカウチ場まできて、地図上のコースタイムよりも早く到着しそうだが、一気に下ることにした。駐車場を横切りまた山道に入り、やがてスキー場の近くに出てきた。

非常に歩きやすい道が続きます 池山小屋近くの水場・なみなみとあります

避難小屋から出発してちょうど4時間、「こまくさの湯」に9時15分到着。さっぱりとお風呂に入って、ゆっくり電車で帰ろうと考えていた。しかし、様子がおかしい。玄関前で掃除をしていたおじさんに聞くと、なんと営業は10時から!45分も待つのもなんなので、ちょうどやってきたバスに乗って駒ヶ根駅に行くことにした。


●HOME● ●山行LIST●