爺ヶ岳〜針ノ木岳 Part3 北アルプス2005年9月23〜25日2泊3日

夏の宿題の残り・後立山を線でつなごう!
行程
1日目●自宅〜扇沢〜爺ヶ岳〜種池山荘テント場
2日目●テント場〜針ノ木岳〜針ノ木小屋テント場
3日目●テント場〜蓮華岳〜扇沢
                         
行動時間
1日目●6時間
2日目●8時間35分
3日目●5時間15分

[爺ヶ岳〜針ノ木岳 Part1へ]

[爺ヶ岳〜針ノ木岳 Part2へ]

[山行LISTへ]
■3日目 針ノ木小屋テント場〜蓮華岳〜扇沢

最終日。台風の直接的な影響はないものの、その台風につられて前線が南下してきているようだ。朝から曇天。これはもう昨日一昨日のような快晴は期待できないことぐらい、気象の素人でもわかる。テント場からは、分厚い雲海から裏銀座の山々が、たまにひょっこりと頭を覗かせているのが見れた。

テント撤収後、小屋の前まで出ると、昨日歩いてきた稜線が見えた。雲海と黒い山並み、なんと荘厳な眺めだろう。我々を引き止めているようではないか!「せっかくだから、もう少し山が見える所まで登ってから扇沢に下ろう。」とザックをデポして6時25分、蓮華岳へ登っていった。

堰き止められていた雲海がゆっくりと流れ落ちていく

蓮華岳への登りは非常に歩きやすかった。「もうここでいいかな?」「もう少し上の方がよく見えるよ。」と言っている間にひとつピークを越えた。鹿島槍ヶ岳から針ノ木岳を結ぶ稜線を境にして、富山側から長野側へゆっくりと、ミルクのように雲海が流れていっている。槍・穂高の稜線も見えた。これで充分だ。山頂まであと15分位のところで引き返すことにした。山には少しだけ宿題を残しておいた方がいいかもしれない。今度ここに来る時は、その先どこに向かうのだろう?蓮華岳から先の、船窪岳や裏銀座へ続く縦走路に思いを馳せる。

蓮華岳への道で針ノ木岳を振り返る 蓮華岳を目の前に引き返しました
雲海に浮かぶ裏銀座の山々
日射しが黄葉を鮮やかに見せる

稜線とお別れだ。7時55分、ザックを背負って針ノ木峠を後にする。ザレた急坂に作られたスイッチバック状の登山道を下っていく。雲の中に突入していく感じだ。下ったらまったく展望が無くなった。15分で沢に出会う。小屋の人の話しでは、この沢の水は飲めるとのことだ。だんだん沢の幅が広がり、雪渓跡まできた。ほとんど雪は消えているので、雪渓歩きは無理。沢を巻くようにつけられた秋道を歩くことになる。

この秋道が非常にやっかいだった。鎖を補助に下るぬれた岩場の連続だった。岩場をこなした次は、沢を何度か渡るので道を間違えやすいし。現に一回、違う方向に歩いていくのを、リーダー(誰も認めちゃいない)目ざとく指摘、ちゃんとマーキングを見るように注意を与える場面もあった。そんなこんなで思ったよりやっかいだった大沢小屋までの道のり。雪渓歩きだと早く下れるのだろうか。

雪渓はないので沢を巻いていきます こんな感じの嫌な岩場が続きます

10時15分に大沢小屋に到着。母親が以前この小屋に泊まったので色々と評判は聞いていた。今日が小屋閉めの日で、窓に鉄板をはめる作業をしていた。ベンチに座るやいなや、名物オヤジが出てきて「登り!?下り!?」と怒ったように聞く。「下りです!!」とこっちも大声で答える。「さっき、登りだっていうふざけたオヤジがいたよ!」山に登ることを否定された、その見知らぬオヤジに同情しつつ出発。

ひと夏を過ぎて小屋閉め。また来年! 沢を渡っていきます

大沢小屋からはブナが美しい登山道だ。大きな涸れた沢を何度か渡り、やがて林道に出てきた。その後は、林道が交差する登山道になり、トロリーバスのクラクションが聞こえてきたな、と思ったところで11時40分、扇沢に到着。

駐車場に戻った瞬間、かなり安堵してしまった。テント泊装備での縦走が2回目の家族と共に縦走するのは、色々と気を使うことが多かった。終始自分がペースメーカーになるのは思った以上に大変だ。いつも一人でふらふらと山に行っている間は、逆に心配かけているのだろうなあ、と身に染みてわかった。大町温泉に向かう車中で母親に「どう?疲れた?」と聞くと「いや、全然!」とあっけらかんと答えが返ってきた。そう、元気を保ったまま下山できたのは、優秀なリーダーのおかげなのだ!

ブナ林。紅葉が素晴らしいに違いない 扇沢に到着!無事に帰ってきました!

●HOME● ●山行LIST●