雨乞岳 鈴鹿山系2005年10月30日日帰り

意外とハードコース!ルートファインドの練習です
行動時間
日帰り●7時間45分

[山行LISTへ]
■日帰り 武平峠〜東雨乞岳〜雨乞岳〜杉峠〜コクイ谷〜武平峠

鈴鹿山脈の中で、気になる名前の山があった。それが今回の目的の山、雨乞岳だ。鈴鹿スカイラインのくねくねとした道を車で登り詰め、滋賀県と三重県の県境である武平峠に到着。狭い駐車場には7時前にもかかわらず、ほぼ満車状態だ。早めに来てよかった。6時45分出発。

いきなり急登。そして、急な斜面に狭い道が続くので気をつかう。あまり足もとばかり見ていると、涸れた沢に迷いこみそうだ。やがて沢と出合い、雑木林の中のクラ谷分岐に到着。この辺りが愛知川(えちがわ)源流域だ。紅葉した林の中は木漏れ日がきれい。

駐車場からGO!ん?曇っている… クラ谷分岐。ここからぐるり一周の旅

クラ谷ぞいを七人山を見上げながら遡っていく。やがて平坦な雑木林になる。ベージュ色の森。ここを抜けると背丈ほどあるササのトンネル道だ。そのまま背筋を伸ばして歩くと、モロに顔にササがぶつかるので腰をかがめて歩く。ササを漕いで急登をがんばれば、東雨乞岳に到着。9時25分到着。東に御在所岳、鎌ヶ岳の特徴ある山容が見られた。

東雨乞岳の直下でササをかき分けて 東雨乞岳からの雨乞岳。道が見えています

ここまできたら雨乞岳はすぐそこ。ササ道だが、先程のように漕ぐ必要はない、気持ちがよい道だ。15分程で到着してみれば、意外と山頂は狭い。もし、山頂で食事休憩をするなら、東雨乞岳の方がいいだろう。風が冷たいので早々に出発した。

東雨乞岳を振り帰る。後ろは御在所岳 雨乞岳山頂。風が冷たい!

山頂から北に進路を変え、急坂を下り杉峠を通過。ここからは東に入り、やがて鉱山跡に10時40分到着。ここでテントを張る人が多いらしく、整地されている。適当なスペースを見つけてお昼にした。鉱山跡ということで石垣がところどころ残っている。地面に割れた食器が散らばり、かつてここで労働していた人々の気配が確かに残っていた。

杉峠からは紅葉がきれいな道 鉱山跡のテントスペースで昼食

鉱山跡からの幅広い道から、やがて沢ぞいの、ややわかりにくい道へと登山道は変化していく。コクイ谷分岐では清流が美しく、ゆっくりと休憩したいところ。しかし、ここからコクイ谷を遡行するのには、迷いマークで地図が脅しているので、落ち着いて休憩できやしない。そのままコクイ谷に突入。

およそ1時間の道のりを緊張して歩く。しかし、赤テープがしっかりついていたし、数カ所あった高巻きはさほど危険ではない。ただし、初心者は足下に気を取られて迷う可能性があると思う。久しぶりにルートファインドの練習になった。

13時10分、クラ谷分岐に着くと、ほっとしてコーヒーを沸かして、しばしまったり。ここから、朝歩いた道をそのまま戻り、14時30分、武平峠に帰着。車で鈴鹿スカイラインを下って、「かもしか荘」でお風呂に入った。

想像以上に歩きごたえのあるいい山だ。朝、早く出かけていった甲斐があった。めったに使わない腕が筋肉痛に。次週の大峰山縦走のいいトレーニングになった。

コクイ谷。何度も沢を渡ります 駐車場に戻ると、すっかり晴天

●HOME● ●山行LIST●