大峰奥駈道 Part2
和佐又〜大普賢岳〜行者還岳〜八経ヶ岳〜釈迦ヶ岳〜行仙岳〜白谷トンネル東口
大峰山脈2005年11月3〜6日3泊4日

大峰奥駈道・北部縦走!修験道では煩悩が消え、悟ることができるのか
行程
1日目●自宅〜和佐又〜大普賢岳〜行者還小屋
2日目●行者還小屋〜八経ヶ岳〜楊子ノ宿小屋
3日目●楊子ノ宿小屋〜釈迦ヶ岳〜持経ノ宿
4日目●持経ノ宿〜行仙岳〜白谷トンネル東口
                         
行動時間
1日目●7時間10分
2日目●8時間
3日目●11時間
4日目●4時間30分

[大峰奥駈道 Part1へ]

[大峰奥駈道 Part3へ]

[大峰奥駈道 Part4へ]

[山行LISTへ]

■2日目 行者還小屋〜弥山〜八経ヶ岳〜楊子ノ宿小屋

朝ごはんを食べて、水場に行き水の補給。修験の森は白い霧に朝日があたり、淡いオレンジ色に染まる。行者還小屋を7時に出発。緑の豊かな山中は湿度が高いのでなかなか霧が晴れない。退屈なアップダウンを繰り返して、8時30分、行者還トンネル西口の出合いに着く頃には、視界がよくなってきた。ここからは、百名山の八経(はっきょう)ヶ岳へ向かう登山者がちらほら。

青空が覗いていますが、なかなか晴れず トンネル西口出合いで晴れてきた!

弁天ノ森に向かっていると、前方に大峰山脈の主峰である、標高1914メートルの八経ヶ岳がドドンとお目見え。やはり縦走はこうして目的地が見えた方がいい。葉が落ちて日当たりがよい弁天ノ森を過ぎて、聖宝ノ宿跡、そして急登の聖宝八丁は一定のペースで一気に登る。10時35分、弥山小屋に到着。

出た!八経ヶ岳(左)。右は弥山です ブナの原生林。日射しが気持ちいい
理源大師像もすっかり秋色 聖宝八丁の急登の半分は階段です

小屋は営業しているようだが、準備中の札が出ていた。ビールを仕入れようと思ったのに。休憩後、八経ヶ岳に向かう。小屋からはいったん下ってまた登り返す。下りきったところの西側にある水場に確認に行ったら、ちょろちょろとしか流れていない。雨の後はたぶん沢になるのだろう。ここで水を取るのはやめた。

弥山小屋。要予約の宿です 八経ヶ岳。トウヒやコメツガに覆われています

11時50分、八経ヶ岳に到着。歩いてきた山、これから向かう山、東の大台ヶ原も、すべてが見えた。南の目的地を目でたどると、意外と遠いので不安にかられる。あわよくば七面山(しちめんざん)をピストンで寄っていけるのでは、と考えていたがそれは絶対に無理!

八経ヶ岳より。背後の一番高い山が大普賢岳。手前の稜線にちょこんと弥山小屋が見える

八経ヶ岳から明星ヶ岳の山頂を巻いて、適当な場所で谷間の紅葉を眺めながらお昼ごはん。幸せな時間だ。立ち枯れたトウヒの倒木に阻まれながら進む。舟ノ垰(ふなのたわ)、楊子ノ森のピークを東側に巻いてササに覆われた丘に出てきた。右側に七面山の絶壁が見られる。

険しい岩場がありますが、ここは巻きます 楊子ノ森から仏生ヶ岳を見る

ササの原っぱを突っ切り、左に回りこむと楊子ノ宿小屋が見えた。15時ちょうど到着。地図上のコースタイムよりも早く着いた。小屋は2階建てで、定員は20人ぐらいか。この日は我々と、あと単独の男性が泊まった。

楊子ノ宿小屋のかわいい案内板 きれいな楊子ノ宿小屋はログハウス調

到着後、水場の確認にいく。小屋の入り口の横に「水場4分」と書かれた小さな看板が。赤テープに従って水場にいくと、充分に水が出ていた。ここも、日によっては出ていない場合もあるので注意。夕食前にササの原に写真を撮りに行く。天気がいいとはいえ、じっとしていると少し寒い。夕暮れ時には辺りがオレンジ色に染まった。ビールの売っている小屋はないが、他の山域では得られない魅力がここには溢れていた。

命の水!ここの水も美味しかった 気温が高く、積乱雲が出ています
七面山を見ながらまったり。贅沢な時間 夕焼けの暖かな光に辺りが包まれます


3日目は[大峰奥駈道 Part3]に続く!


●HOME● ●山行LIST●