大峰奥駈道 Part3
和佐又〜大普賢岳〜行者還岳〜八経ヶ岳〜釈迦ヶ岳〜行仙岳〜白谷トンネル東口
大峰山脈2005年11月3〜6日3泊4日

大峰奥駈道・北部縦走!修験道では煩悩が消え、悟ることができるのか
行程
1日目●自宅〜和佐又〜大普賢岳〜行者還小屋
2日目●行者還小屋〜八経ヶ岳〜楊子ノ宿小屋
3日目●楊子ノ宿小屋〜釈迦ヶ岳〜持経ノ宿
4日目●持経ノ宿〜行仙岳〜白谷トンネル東口
                         
行動時間
1日目●7時間10分
2日目●8時間
3日目●11時間
4日目●4時間30分

[大峰奥駈道 Part1へ]

[大峰奥駈道 Part2へ]

[大峰奥駈道 Part4へ]

[山行LISTへ]

■3日目 楊子ノ宿小屋〜釈迦ヶ岳〜地蔵岳〜持経ノ宿

本日は4日間の中で一番行動時間が長い。はりきってまだ暗い5時40分に出発したものの、仏生(ぶっしょう)ヶ岳への道では迷走し、トウヒに何度も頭をぶつけた。仏生ヶ岳の山頂直下に着くと、釈迦ヶ岳への稜線が見えた。近くに見えるが、ここはきっちりと地図通りの時間がかかる。

孔雀岳の直下の「鳥の水」という水場を確認すると、ほとんど水が出ていなかった。ここからすぐに孔雀覗に着く。南斜面はスッパリと切れ落ちている。南部の山の景色が展開されていた。それにしてもなんて山深いのだろうか。見渡す限り、山・山・山。同定できない未知の山域だ。

孔雀覗から南方面を見る。あの山の果てには大平洋があるはず

孔雀覗からは岩場の悪路が続く。谷間の紅葉を見ながら切り立った巨岩を越えていく。最後、「杖捨」といわれる急坂を登りきって、釈迦(しゃか)ヶ岳に到着。9時5分。釈迦ヶ岳は200名山でもあり、日帰りで登れる人気の山だ。釈迦の銅像が建っている。

釈迦ヶ岳。近くに見えて結構時間がかかります
屹立する岩の向こうは紅葉の谷

山頂で家に連絡を入れておく。携帯は3本アンテナが立っていたが、10回ぐらいリダイヤルしてようやく繋がった。次は水の確保。まったくのんびりできやしない。山頂にいた人の情報により、千丈平の「かくし水」という水場まで行く事にする。

釈迦ヶ岳山頂のお釈迦様。雲ひとつない青空 千丈平の水場では充分な水量

水をくんだらひと安心。深仙(じんせん)ノ宿まで下る。ここにも「香精水」という水場があるが、岩からわずかにしみ出ている程度で、貯水槽があるがウヨウヨと虫がうごめいている。上で汲んでおいてよかった。一体、縦走しているのか、水場の調査にきたのか段々わからなくなってきた。10時15分、再出発。

深仙ノ宿。ここでも宿泊できます 深仙ノ宿の近くの香精水

気温がぐんぐん上昇、南に向かって標高を下げる。太古の辻から本日のお宿、持経ノ宿(じきょうのしゅく)まで地図で確認しただけでも8つのピークがある。1400m↑1200m↓このアップダウンの応酬はきつかった。11月でこうだと夏場はどうなるのだろう。

太古ノ辻。ここから前鬼に下山できます 天狗山付近のササ道。クマ出没注意です

15時5分、涅槃(ねはん)岳に到着。ここまでくればあと1時間ちょっとで宿に着くのでひと安心。コーヒーをいただく。すっかり山中は西日のオレンジ色の光にあふれてきたので最後のがんばり。鎖場もあり最後まで気が抜けなかった。行程の最後の、宿に向かう時間が一番長く感じる。こんなにがんばったのに今夜はビールが飲めないのを、Kさんと嘆く。

涅槃岳。ここまでくればあと一息 と思ったらこんな難所が残っていました

4時45分、持経ノ宿に到着。日没に間に合ってよかった。宿はいろりが2つあり、毛布完備。さて、ここに着いても、当然水汲みのお仕事が残っている。林道をしばらく下ったところに沢があるのでそこで汲む。

最後の水汲み。ひしゃくで汲みます 焚き火って癒されますね

縦走最後の夜。他に誰もいない静まり返った山中に、飛行機の音だけが響いている。この紀伊山地のど真ん中の夜は、北アルプスや八ヶ岳よりも闇が深いような気がした。

4日目は[大峰奥駈道 Part4]に続く!


●HOME● ●山行LIST●