大峰奥駈道 Part4
和佐又〜大普賢岳〜行者還岳〜八経ヶ岳〜釈迦ヶ岳〜行仙岳〜白谷トンネル東口
大峰山脈2005年11月3〜6日3泊4日

大峰奥駈道・北部縦走!修験道では煩悩が消え、悟ることができるのか
行程
1日目●自宅〜和佐又〜大普賢岳〜行者還小屋
2日目●行者還小屋〜八経ヶ岳〜楊子ノ宿小屋
3日目●楊子ノ宿小屋〜釈迦ヶ岳〜持経ノ宿
4日目●持経ノ宿〜行仙岳〜白谷トンネル東口
                         
行動時間
1日目●7時間10分
2日目●8時間
3日目●11時間
4日目●4時間30分

[大峰奥駈道 Part1へ]

[大峰奥駈道 Part2へ]

[大峰奥駈道 Part3へ]

[山行LISTへ]

■4日目 持経ノ宿〜行仙岳〜白谷トンネル東口

最終日は朝から小雨模様。天候の回復が見込めないので、笠捨山に行くのはやめて、行仙(ぎょうせん)岳で下山することになった。先はまだまだ長い。行仙岳から先は今後のお楽しみにとっておく。6時30分出発。

持経ノ宿は充分に広い宿です 宿の前から。最終日なのにあいにくの天気

1時間で平治ノ宿に着き、ここで上下レインウエアを着た。平治ノ宿から、転法輪(てんぽうりん)岳、倶利迦羅(くりから)岳を経て、鞍部である怒田宿跡で休憩。

今日もアップダウンがあります 平治ノ宿。ここは少し小さめの宿です

ここから急登をがんばり、霧雨で白く煙る行仙岳に10時到着。4日間のフィナーレを飾るには寂しい光景だが、ともかく無事にここまでこれた。行仙岳では携帯電話(docomo)通話可。Kさんが予約していてくれたタクシー会社に下山の連絡。

雨に加え、風も出てきました 行仙岳山頂。やたら登頂記念の札が・・・

山頂からすぐに、白谷トンネルへの下山の分岐が。そこを左に曲がる。この道は鉄塔の管理用に、鉄製の階段で整備されている。10時45分に車道に出ると、ちょうどタクシーが到着。そこから1時間かけて出発地の和佐又ヒュッテまで戻る。

Kさんが、私がいなかったらここまでこなかったかも、と言っていたが、それは私も同じで、ベストな体調ではなかったので、最後はおふたりに引っ張ってもらった。感謝、感謝。車窓から山腹を見ると、4日前よりもさらに紅葉が進んでいた。最後に錦秋の大峰を見ることができた。

白谷トンネルまでは階段が多く下りやすい タクシーに乗って出発地に戻ります

●HOME● ●山行LIST●