尾瀬 燧ヶ岳 尾瀬2006年9月23〜24日車中泊2泊2日

思いたったが吉日!そうだ、草紅葉の尾瀬に行こう。燧ヶ岳に再登!
行程
1日目●富士見下〜アヤメ平〜下田代キャンプ場
2日目●下田代キャンプ場〜燧ヶ岳 往復〜尾瀬ヶ原〜鳩待峠
                         
行動時間
1日目●5時間50分
2日目●9時間

[山行LISTへ]
■1日目 富士見下〜アヤメ平〜尾瀬ヶ原〜下田代キャンプ場

この週末の行き先を、出発直前まで北アルプス方面と尾瀬を天秤にかけ、かなり迷っていた。最終的に尾瀬を選んだのは色々あるのだが、単独で歩く意欲が無かった、ということが一番の原因だ。尾瀬ではpikagoroさんの回復祝いとしげぞうさんの百名山完登祝いと称して、たけ小屋のメンバーでのオフ会が開かれているはずだ。ちょっと驚かせてやろうと、誰にも言わずに行くことにする。

K林さん超絶リアクションからテント場で全員遭遇までの経緯はこちらをご覧ください。

戸倉に着いてバスから降りたとたん、K林さん親子、pikagoroさん、熊さんと出会い、ありがたくも富士見下からアヤメ平を経由して下田代に向うコースを一緒に歩くことになった。ラッキー!富士見下の登山口からは林道歩きだ。9時25分出発。早めのペースで11時45分、富士見小屋に到着。

闖入者を暖かく迎え入れてくださった皆さん 林道を上り詰めて富士見小屋に到着です

ここで、K林さんがまきくまさんに携帯で連絡すると、アヤメ平にいるという。我々も木道を歩いてアヤメ平に向うことにする。途中でまきくまさん、emiさん、はしつめさんと合流し、アヤメ平に到着12時10分。アヤメ平は雲上の湿原地帯だ。すっかり湿原には秋が訪れていて、小麦色の草紅葉が風にそよいでいた。ここでお昼ごはん。まきくまさん、emiさんが加わって場が一気に賑やかになる。

アヤメ平でお昼にしましょ 山の上の湿原は不思議な雰囲気です

にぎにぎしく、一行は尾瀬ヶ原に向けて長沢新道を下っていく。岩ゴロが滑りやすいので慎重に。長沢新道を抜けるとぽーんと尾瀬ヶ原の広大な空間に飛び出す。草紅葉が見ごろだ。流れる雲の切れ間からやわらかい陽光が湿原を照らすたびに、みんな立ち止まってシャッターを押したり、そのまま見とれたり。一行のペースは一気に落ちる。幸せな時間が続く。

ふと、前を歩くまきくまさんが振り返って「ほかの待ってるみんな、驚くね」。すっかり忘れていた。この場にすっかり馴染んでしまい、驚かせるのはどうでもよくなっていた。

テント場到着15時15分。たけさん、しげぞうさん&ダンナさん、まゆ太さん&ダンナさん&まゆ太さんのお友だちのLisaさん、そして初対面のふうろさん、食う寝るさん&ジャニ夫さん、えいじさんkojikojiさんとご対面。あー、恥ずかしいったらありゃしない。総勢19名であらためて乾杯。

下田代十字路にゆっくりと向う一行 全員揃ったところで乾杯です。一体何の団体?

宴会で、翌日燧ヶ岳(ひうちがたけ)に一緒に登る約束をしてくれた、ふうろさん。本日登ったばかりなのに一緒に登ってくれるという。その後、至仏山にも登るって……この人って一体!?あと、たけさんと、kojikojiさんも。これはよき同行者ができた。


■2日目 下田代キャンプ場〜燧ヶ岳 往復〜尾瀬ヶ原〜鳩待峠

約束通り5時に4人揃って、これでお別れのしげぞうさんやえいじさんに見送られて出発。

ふうろさんがトップでペースをつくってくれた。ほぼ空身でぐんぐん見晴新道を登っていく。kojikojiさんはテント泊装備でこの早いペースで登っていくから凄い。途中、1回休憩を挟んだあともペースを落とさずに気持ちよい早さで登っていく。

あまりにも速いので人物がブレています ペース速くないっすか?ふうろさん

木々の合間から尾瀬ヶ原がちらちらと見えだしてきた。すっぽりと雲海が尾瀬ヶ原を包んでいた。歩きながら気になって何度も振り返って見ていると、少しずつ雲海が消えていっているようだ。早く山頂に着かないと、幻想的な景色の全容が見られない!の一心で登って、山頂の柴安グラに到着7時15分。

尾瀬ヶ原に雲海が!もうすぐ消えそう 山頂までもうすぐ!抜けるような青空です

「ああ、間に合ったあ!」とふうろさんと喜びあう。いつもと反対の方向に見える富士山に感動したり、見慣れない山域に、山の名前を教えてもらったり。やっぱり尾瀬に来てよかったと、心から思った。

1時間ほど山頂で過ごしている間に、すっかり尾瀬ヶ原を包んでいた雲海は消えていた。他のみんなはもうあの黄金色の尾瀬ヶ原の中を歩いている頃だろうか。

休憩している内に晴れ上がってきました 尾瀬沼を見下ろす。背後は北関東の山並み

尾瀬沼方面に行くkojikojiさんとお別れして、見晴新道を折り返すことにする。降りている途中、話の流れでテント場に付いたら一杯飲もうということで、ふうろさんの至仏山行きを阻止。しめしめ、あとはまったり歩きたいもんね。10時10分、テント場に帰還。ふうろさんと缶チューハイでかんぱーい!

下田代キャンプ場。快適でした 下田代十字路を出発。後ろは燧ヶ岳です

テントを撤収し、11時にテント場を発つ。龍宮十字路で富士見下駐車場に戻るたけさんとお別れ。尾瀬ヶ原の美しい景色を堪能しながら、ふうろさんと木道を歩いていく。尾瀬ヶ原を挟んで対峙している至仏山と燧ヶ岳、そしてその勇姿を写す美しい池塘を見回すのに忙しい。

龍宮十字路からの至仏山 龍宮十字路の池塘
龍宮十字路にて。ふうろさんとたけさん 思わず何度も立ち止まる。燧ヶ岳を見るふうろさん
山はまだ青い。紅葉はまだはじまったばかり 山椒魚見つけた!

鳩待峠に14時到着。至仏山に登っているチームが今どこにいるのか検討がつかない。戸倉までバスで下山、そこでやっとK林さんと連絡がとれた。「もうすぐ着くから待ってて」結局、2時間後に至仏山チームと合流。なんでも、私たちが至仏山に追いかけて登ってくると思い込んでいたらしく、忍び寄る影に怯えていたとか。そんなこと私には無理です、はい。

その後はみんなで温泉と食事。この時、甲武信岳(こぶしだけ)についてみんなが盛り上がっていたのを聞いて、ずっと私の心の中でひっかかることになり、そしてそれは数カ月後につながるのだ。

K林さんに沼田駅まで送っていただく。最初から最後までありがとうございました!突然現れたのにも関わらず温かく接してくれた皆様に感謝です!この、サプライズ作戦は、その後しばらく病みつきとなる。


●HOME● ●山行LIST●