朝日連峰縦走 Part2 泡滝ダム〜以東岳〜寒江山〜竜門山〜大朝日岳〜鳥原山〜白滝
朝日連峰2007年7月26〜29日3泊4日

ビスタ〜リ家の夏・東北遠征第二弾は花の朝日連峰
行程
1日目●泡滝ダム〜大鳥小屋
2日目●大鳥小屋〜オツボ峰〜以東岳〜寒江山〜竜門小屋
3日目●竜門小屋〜西朝日岳〜大朝日岳〜小朝日岳〜鳥原小屋
4日目●鳥原小屋〜白滝登山口
  
行動時間
1日目●3時間55分
2日目●10時間30分
3日目●8時間15分
4日目●2時間

[朝日連峰縦走 Part1へ]

[山行LISTへ]
■3日目 竜門小屋〜西朝日岳〜大朝日岳〜小朝日岳〜鳥原小屋

昨日、予定をくりあげて竜門小屋まで進んだので、本日の行程には余裕ができた。とはいえ、他の宿泊者と同じく、3時半には起き出して5時に出発だ。今日は風が強め。それでも、シャツ1枚でも寒くはない。

新しい一日のはじまり。竜門小屋前から 少し登ったところで小屋を見下ろす。寒江山・以東岳まで見える

小屋から竜門山へはわりとすぐ着く。そこから西朝日岳へと向う稜線は南北真っすぐの道。西からの風がもろに体にぶつかる。日本海側は分厚い雲に覆われている。この辺りで大朝日小屋からの登山者とぽつぽつすれ違うようになる。またひとりやってきたので、道を譲ろうと立ち止まって待っていたら
うっそー、マジで?たけさんじゃないですか!!たけさんの行程に親子で「すごい〜〜」と驚嘆してお別れ(なんだそりゃ)。

竜門山から。西朝日岳から大朝日岳へと続く稜線 別れてすぐ振り返るとすでに小さな姿。タケコプター持ってんの?

ハイマツに覆われているまっすぐにのびた道を登り、西朝日岳到着6時40分。大朝日岳にどんどん近付いているという高揚感がたまらない。何度も何度も経験しても飽きることのないこの感覚。そして、高揚した感情を静かに抑えて、また再び目的地に向けて前進する。

西朝日岳より。いよいよ大朝日岳へ
厚い雲が出てきた。もう少し待って!

相変わらずアップダウンは続くが、それに体が慣れていた。中岳を越えて小屋が前方に見えたところで、視線を下に移すと雪渓がある。その上部にあるのが、小屋に一番近い金玉水という素敵な名前の水場だ。水は汲まなくてもプラティパスに十分入っている。だが、味見をしないと気がすまない。水場はメインルートから外れて5分ほど下ったところにある。寒江川の源流だそうだ。ここも、他と違わず冷たくて美味しい。

大朝日岳と水場のある雪渓。大朝日小屋泊ならここで取水 もちろんここの水も味見します

そこから15分ほど上って、大朝日小屋に到着8時30分。小屋は朝日連峰の中では比較的小さいほう?宿泊者がここに集中するので、混雑期のみテントが黙認されているらしい。小屋の外に整地されたスペースが狭いけれどある。ここにザックを置いて空身でいざ、山頂へ。山頂までは15分ほどで到着する。

山頂側から見た小屋。右手には小さな幕営地 山頂。やっとここまで来ました

山頂からは、眼下を走る力強い尾根に圧倒される。遠くに目を移すと、飯豊連山、月山、鳥海山、蔵王、磐梯山……方向指示盤を見てひとつひとつ確認。おいそれと見ることができない山々に「よそさん」気分。次はいつ東北にこられるのかな……と思うと寂しくもある。


山頂より北を望む。手前は小朝日岳へと続く尾根。背後には美しい裾野を広げている月山

山頂より南を望む。手前は平岩山、いくつかのピークを挟んで祝瓶山。そして一番奥は飯豊連山

十分堪能して、山頂をあとにする。ここからは、小朝日岳に向けて標高をいったん下げる。下りの途中で銀玉水という水場。もちろん飲む。事前に役場に問い合わせたら、この辺りは雪渓があるので軽アイゼンを持ってきてください、とのことで実は持参していたのだが……いらんやん。雪渓は消えて、木製の階段で土砂の流出を保護している夏道となっていた。他の登山者の情報では2週間前までは雪渓があったそうだ。

小屋から銀玉水へと下る。登山道が保護されている 銀玉水付近。雪渓は消えて夏道になっていました

小朝日岳への登りの最低鞍部まできたところで、芝刈り機を持った80代の快活な大朝日小屋の管理人さんに会う。ヒメサユリが終わって、2回目の草刈りをされていたようだ。ヒメサユリの開花前に1回目、終わってから2回目、と2度行われているようだ。

登山道わきにある銀玉水 小朝日岳。いったん300m近く下ってから登り返します

小朝日岳への登りは見た目ほど長くは続かない。山頂に着いたとたん小雨がパラつく。小朝日岳から再度下る途中でも小雨が降るが、雨具を着るほどではない。梅雨時にも関わらず、主脈でほぼ天候に恵まれた幸運に喜ぶ。小朝日岳と鳥原山の間で、一部ロープを使って下るようなところがあるが、特に緊張を強いられるわけでもない。鳥原山へ緩やかに登り始めると、池塘が出てくる。鳥原山のピークを越えて下り始めると、霧の中、うっすらと高原の中に佇む鳥原小屋が遠望ができた。

鳥原小屋手前の水場 鳥原小屋とお堂

登山道はやがて木道となり、白滝、朝日鉱泉への分岐を過ぎて右手に水場を見送ると、鳥居が現れる。ここをくぐって、この旅最後のお宿、鳥原小屋に到着。13時15分。このまま下山しても問題ない時間だが、急いで帰ることもないので、3日目の夜も山で過ごす。その選択は正しかったようで、小屋で落ち着いたとたん雨が本格的に降り出した。鳥原小屋は場所的にいつも空いているようだ。この日も宿泊者は私たちだけ。

お堂の中。管理人さん曰く縁結びのご利益あり 管理人さんからごちそうになった「ひっぱりうどん」

管理人さんに山形の郷土料理「ひっぱりうどん」とビールをごちそうになった。「ひっぱりうどん」とは、納豆とサバの水煮缶を混ぜたものに醤油と七味を少しだけ入れて(本来は卵黄も入れる)、ゆがいた乾麺をこれにつけて食べる。思いがけない最後の晩餐。最後までこの土地の人の暖かかさに触れた山旅であった。


■4日目 鳥原小屋〜白滝登山口

鳥原小屋の管理人さんのアドバイスにより、タクシー利用なら、朝日鉱泉より白滝登山口の方がいいとのことで、そちらを下山。5時出発。小屋を出てしばらく歩いたところで、オレンジ色の朝日がキンコウカ咲く湿原を優しく包んだ。旅の終わりになんと美しく、そしてもの悲しい景色を見せてくれるのだろう。朝なのに一日の終わりの夕暮れに見えたのは、私が感傷的になっていたからだろうか。

湿地帯にキンコウカが揺れていた 鳥原小屋と鳥原山を振り返る

白目沢を何度か渡渉します
赤い吊り橋を渡ると山旅も終わりです

その後はブナ林を下り、沢を2度ほど渡り、大きな吊り橋を渡る。しばらく沢沿いを歩き、最後に赤い吊り橋を渡れば、登山道は終わりだ。6時55分着。ここから林道を30分ほど歩いたら、白滝バス停に着く。昨日、鳥原小屋から携帯電話で予約したタクシーが間もなくやってきた。

吊り橋を渡ると登山道は終わり、林道になります 林道を30分ほど歩いて白滝バス停へ

白滝バス停―(タクシー)―温泉立ち寄り―(タクシー)―荒砥駅
フラワー長井線 荒砥駅発12時1分―JR今泉駅発12時47分
―(途中でたけさんを乗せた電車とすれ違う)―JR坂町駅着14時31分 

●HOME● ●山行LIST●