針ノ木峠〜蓮華岳〜船窪岳〜
烏帽子岳〜高天原〜赤牛岳〜黒部ダム
Part3
北アルプス2007年8月12〜16日4泊5日

暑くて短かった夏、2007。マイナーピークと温泉の旅
行程
1日目●扇沢〜針ノ木峠〜蓮華岳〜北葛岳〜七倉岳〜船窪小屋テント場
2日目●TS〜船窪岳〜不動岳〜南沢岳〜烏帽子岳分岐〜烏帽子小屋テント場
3日目●TS〜野口五郎岳〜水晶小屋〜岩苔乗越〜水晶池分岐〜高天原山荘
4日目●高天原山荘〜温泉沢〜温泉沢ノ頭〜赤牛岳〜読売新道〜奥黒部ヒュッテテント場
5日目●TS〜平ノ渡〜平ノ小屋〜黒部ダム〜(トロリーバス)〜扇沢
  
行動時間
1日目●11時間
2日目●9時間10分
3日目●11時間
4日目●10時間55分
5日目●7時間

[1日目 Part1へ]
[2日目 Part2へ]
[3日目 Part3へ]
[4日目 Part4へ]
[5日目 Part5へ]

[山行LISTへ]
■3日目 TS〜野口五郎岳〜水晶小屋〜岩苔乗越〜水晶池分岐〜高天原山荘

夜中にそっとテントを出て、天を仰いでじっと目を凝らす。天の川は見えるが流星は見えない。タイミングを逃したのかな。

4時10分、まだ暗いなか出発。朝の支度で起き出したテントが、暗闇の中ほんわりとした明かりを灯している。テント場を横切ってそのまま稜線へ。三ツ岳への登りの途中、辺りがオレンジ色に染まり始めると、朝の儀式を迎えるために先行者たちが立ち止まって東の方角を見つめている。私もそれに加わる。

2日かけて歩いてきた道を振り返る。新しい風景を求めて今日もまた歩き出します
東沢谷を挟んで赤牛岳と対面。少しずつ近づいていきます 野口五郎岳までの稜線

三ツ岳のピークは東側を巻いて行く。展望台のようなピークに立つと、赤牛岳と対面する。槍ヶ岳、双六岳、鷲羽岳、水晶岳。「こんな景色やったんや……」靴の中まで濡らしながら歩いたあの日を思い出す。それに反して、今は白く乾燥した岩塊の上を汗を滴らせながら歩いている。大小のピークをこなし、長い登りを終えて下りはじめると青い屋根が見えた。そのまま野口五郎小屋を通り過ぎて少し登ると山頂に到着、7時50分。

野口五郎小屋 野口五郎岳の白く乾いた山頂
野口五郎岳山頂より。裏銀座縦走路から槍ヶ岳へとつながる稜線。銀座の名にふさわしい稜線だ
野口五郎岳からいったん下って真砂岳へ ところどころお花畑が現れます

どこを切り取っても絵になる大パノラマが展開する山頂で、ひとしきり堪能して行動食を食べているとたけさんが追いついた。きっとすぐ追いつかれるだろうと先に出発したら、案の定すぐに追いつかれた。真砂岳のピークを巻いて湯俣温泉へと下る竹村新道の分岐を通り過ぎ、足元が切れ落ちているヤセ尾根を通過。船窪岳周辺のヤセ尾根に較べれば大したことはないが、注意するに越したことはない。東沢乗越まで下ると、赤茶けた岩が荒々しい稜線を登っていく。水晶小屋前に到着、11時30分。

真砂岳を過ぎるとガレ場やヤセた稜線が続きます 東沢乗越からは一気に登り詰めます
水晶小屋へは赤い岩の壁が立ちはだかります 細い登山道が続く水晶小屋直下

新しくなった水晶小屋は前と較べて大きくなっていた。たぶん、ひとりなら挫けてここで泊っていただろう。だけど、今日は計画通り高天原温泉に行くのだ。たけさんを高天原温泉に誘った手前あとには引けないし、何より計画を変えたくない気持ちの方が大きかった。小屋前でビール(た)とネクター(び)で乾杯。「さっき会ったー」デジカメのプレビューをたけさんから見させてもらうと、可愛らしいオコジョの姿が。昨日から熊やら人やら、うらやましさを通り越して憎たらしいくらい何かと遭遇する人だ。

水晶小屋の前より。水晶岳から赤牛岳へと続く稜線

水晶小屋を出発して、小屋の裏手でふと振り返って裏銀座の稜線をバックに小屋の写真を撮っておいた。水晶岳を往復し終えて野口五郎小屋に向けて出発準備をするsanaeさんご夫妻が写っていることが、帰宅後判明してびっくり!!

何気なく撮った水晶小屋の写真にsanaeさんご夫妻が! 水晶小屋を後にして、ワリモ乗越へ向かう

岩苔乗越まで下る途中で、荷が軽い登山者とすれ違う。皆、水晶岳に往復するのだろうか。皆の行く大人気の水晶岳に私はまたしても行かないのだけれど。今度、行く機会が訪れたら湯俣温泉とからめて行こうか。

ワリモ乗越。気持ちのいい広々とした空間(※) 岩苔乗越から高天原に向けて下る温泉への旅(※)

12時45分、岩苔乗越の分岐から北に向けて下降する。水晶小屋から高天原温泉まで標高差が約770メートル。高天原温泉から温泉沢ノ頭まで標高差が約800メートル。裏銀座から赤牛岳を繋げるのに、普通はこんなルートはとらないだろう。こんな普通じゃない行程に、たけさんがいつかキレるんじゃないかと内心ヒヤヒヤ。


とんでもなく標高を下げてしまいますが、いいこともあります。こんな素晴らしいお花畑で幸せになれました(※)

源流沿いは美しいお花畑が広がり、つかの間の癒しを与えてくれた。やがて樹木の生い茂る鬱蒼とした道となる。熊の気配がぷんぷんするので熊鈴を鳴らして歩く。蒸し暑くてげんなりしながら歩き、やがて水晶池の近くまできた。ここまでくると小屋までもうひとがんばり。頭の中でビールと温泉の、ふたつの単語を呪文のように繰り返していると、平坦な湿原地帯に出てきた。高天原山荘に到着、15時10分。

湿原が広がる高天原。またきたよー!と心のなかで叫ぶ 高天原山荘。3年間からさらに歪んできているような…

3年前と変わらない高天原山荘の佇まいにほっと安心する。今宵はひとりにつき一畳のスペース。本日はましな方で、前日は一畳に3人だったとか……。3年前はがらがらだったのに。秘境にも沢山人が来るようになったのか。ビールを飲んでから待望の温泉へ。女性用は一番上にある露天風呂だ。がっちがちになった足の筋肉をほぐしておく。

温泉沢沿いに3つのお風呂があり。女性用がふたつと混浴がひとつ 女性用露天風呂。疲れが取れます。温泉パワー恐るべし

夕食後、食堂で「ビスタ〜リさんですか?」と刑事のように鋭い視線を投げかける男性が。その人は、ご夫婦で立山から縦走している臆崖道さん!!その夜は消灯まで臆崖道さんと話したり、TiCAさんのブログの愛読者であるとっしーさんに声をかけられたりと、時間がいくらあっても足りないくらいだった。

(※)印のある写真はたけさんからいただきました。

4日目は[針ノ木峠〜蓮華岳〜船窪岳〜烏帽子岳〜高天原〜赤牛岳〜黒部ダム Part4]に続く!

●HOME● ●山行LIST●