針ノ木峠〜蓮華岳〜船窪岳〜
烏帽子岳〜高天原〜赤牛岳〜黒部ダム
Part5
北アルプス2007年8月12〜16日4泊5日

暑くて短かった夏、2007。マイナーピークと温泉の旅
行程
1日目●扇沢〜針ノ木峠〜蓮華岳〜北葛岳〜七倉岳〜船窪小屋テント場
2日目●TS〜船窪岳〜不動岳〜南沢岳〜烏帽子岳分岐〜烏帽子小屋テント場
3日目●TS〜野口五郎岳〜水晶小屋〜岩苔乗越〜水晶池分岐〜高天原山荘
4日目●高天原山荘〜温泉沢〜温泉沢ノ頭〜赤牛岳〜読売新道〜奥黒部ヒュッテテント場
5日目●TS〜平ノ渡〜平ノ小屋〜黒部ダム〜(トロリーバス)〜扇沢
  
行動時間
1日目●11時間
2日目●9時間10分
3日目●11時間
4日目●10時間55分
5日目●7時間

[1日目 Part1へ]
[2日目 Part2へ]
[3日目 Part3へ]
[4日目 Part4へ]
[5日目 Part5へ]

[山行LISTへ]
■5日目 TS〜平ノ渡〜平ノ小屋〜黒部ダム〜(トロリーバス)〜扇沢

山への未練と裏腹に、涼しい午前中のうちに歩き終えたいとか、早く下山して温泉に入りたいというのも、また事実。始発の渡し船に乗るため、4時ちょうどに出発。

テント場からすぐのところで道が分かれ、ライトをあてても木に書かれた文字がよく見えないのでちょっと戸惑う。前途多難。右の道をいくとLEDの白い光のなか、河原に降りる梯子が見つかった。河原に降り立って、また右、左ときょろきょろ辺りを見回す。あった、沢に橋が架かっている。こうして、闇の中、渓谷中に響く沢の轟音を聞きながら、手探り足探りの状態で歩いていくのは気持ちのいいものではない。

河原の白い砂地を歩いていても、本当にこの方向でいいのかわからないので速く歩くことができない。ひとりで歩いていたら、絶対にこの場で明るくなるまで待っていただろうな。まあ、ふたりでも迷う時は迷うのだろうけれど、心強さがある分、随分違うものだ。

沢に架かる橋を渡って、長い急な梯子を登り、岩盤をくりぬいたような濡れた岩の道をトラバースし、また長い梯子を急降下。このようなことを何度も何度も繰り返す。梯子の手すりが太くてつるつるなので、しっかりと握れないのもまた怖い。歩き始めて1時間くらいきたところで休憩。辺りが明るくなり始めたところなのに、すでに汗びっしょり。もう二度と、暗い中こんな怖いところは歩かない!と思ったのは言うまでもない。

沢にかかる橋を何度も渡ります(※) ダム湖の工事現場みたい(※)

だいたいテント場から渡し場まで半分くらいきたところで、梯子の数は少なくなり、沢の音はいつしか聞こえなくなり、樹林の穏やかな道となる。先ほどまで激しくうねっていた渓谷が、ゆったりと水をたたえる湖へと変わっていった。前方に白い看板が見えた。平ノ渡場の時刻が書かれた看板だ。6時。ついにここまできた。ぴーんと張りつめた緊張感が少しずつゆるんでいく。

平ノ渡場付近。稜線上は五色ヶ原
船が対岸から近づいてきました

看板の立っている分岐から河原に降りてしばらく待っていると、対岸から白い小さな船がやってきた。乗客は6人。乗船すると乗船名簿を書かされる。以前、ダムができるまでは、ここには橋があり温泉があったようだ。ダムができ、橋も温泉も沈んだために、関西電力が無料で渡し船を運行するようになったらしい。

わずか数分の船の旅にうろうろして落ち着きがない(※) 平ノ小屋

憧れの山奥の船旅もわずか10分で終わり。対岸に着くと、平ノ小屋でひと休み。ジュースを飲んだりして7時に再出発。黒部湖に沿って歩いていく。湖に流れ込む沢を渡るために川幅が狭くなる上流まで歩いて渡り、また再び河口まで戻る。その間にまた、長い梯子の上り下りが何度も続く。踏み外すとシャレにならないくらいの高さだ。ダム湖には夏休みを楽しむ観光客を乗せた観光船が航行している。

中ノ谷の沢にかかる橋。増水時は注意
また、梯子の登り降りの連続(※)

真夏の蒸し暑さを肌で感じる頃には旅も終わりだ(※)

前方にロッジくろよんの屋根が見えたら、また大きく河口を大きく回り込まなければならない。暑さでクラクラしながらロッジくろよんに着くと、扇沢で見たのを最後に、久しぶりに見た自販機でりんごジュースを買う。あまりの冷たさに気が遠くなりそうになった。

ロッジくろよん 久しぶりに見た自販機に飛びつく
ロッジくろよんからダムへは遊歩道となります 黒部ダムが見えてきました

ロッジからはコンクリートで固められた遊歩道を歩き、黒部ダムに到着、11時。終わった。終わってしまった。黒部ダムからの赤牛岳がやけに小さく見えた。ダムから見る赤牛岳はいつも大きく見えていたはずなのになぜだろう。容易に登ることができないその頂きの上には薄くたなびく雲と青空が、すでに秋の気配を漂わせていた。

ダムの上では大勢の観光客が行き交う 黒部ダムからの赤牛岳。あんなに遠くに見えるのが寂しい

(※)印のある写真はたけさんからいただきました。

たまには晒そう、縦走中の餌

1日目
朝食 おにぎり1個
行動 おにぎり2個 きゅうり1/2 甘味あっさりフルーツ
夕食 牛丼&アルファ米 きゅうり1/2 キャベツ アミノバイタルpro

2日目
朝食 アルファ米 梅干し みそ汁
行動 バームクーヘン フルーツゼリー 蒟蒻畑
夕食 ラーメン きゅうり1本 キャベツ
   マーボ春雨&アルファ米 ビール350×2

3日目
朝食 マーボ春雨&アルファ米 たまごスープ 甘味あっさりフルーツ
行動 ちーかま 柿ピー 蒟蒻畑 ネクター アミノバイタルpro
夕食 小屋食 ビール350×1 氷結350×2

4日目
朝食 ラーメン
行動 バームクーヘン 蒟蒻畑 アミノバイタルpro
夕食 柿ピー ラーメン すし太郎&アルファ米
   キャベツ 甘味あっさりフルーツ ビール350×2

5日目
朝食 すし太郎&アルファ米 みそ汁
行動 蒟蒻畑 ネクター なっちゃん350×1

2〜4日目の夕食はおつまみ、焼きそばetc おすそわけしてもらいました。

残った食料
行程短縮のため 朝食&夕食1セット
柿ピー ちーかま スナックパン1袋 予備食

●HOME● ●山行LIST●